loading
RMT,ツリーオブセイヴァー(TOS) RMT通貨販売,信用NO.1業界最安販売
rmtホームページ会社紹介ご利用方法お支払方法Q&Aプライバシーポリシーお気に入り追加

GRMT >> FF14 RMT >> ニュース

スコア7000でも平均フレームレートは60fps割れ。高解像度条件で最小フレームレートを上げるのはなかなか難しい ff14 GRMT

日期:2017-05-09 (0ヒット)

 以下,グラフ中では「最高品質」のスコア基準――フレームレートを示すグラフでも,基準は総合スコアのほうだ――で上から並べていること,グラフの色は製品世代で塗り分けていること,そして第2世代MaxwellベースのGTX TITAN Xはグラフ中に限り「GTX TITAN X(MXW)」と表記することをお断りしつつ,より高い解像度から順にテスト結果を見ていこう。

 グラフ1はハイクラスのGPU計7製品を対象に実施した解像度3840×2160ドット条件のスコアだが,ここではGTX 1080 Tiが突出した格好となり,次いでGTX 1080,GTX 1070といった具合に,PascalアーキテクチャのGPUが上位を占めている。
 最高品質でスコア7000を超えたのはGTX 1080 Tiだけなので,3840×2160ドットで快適にプレイするためには,SLIやCrossFireといったマルチGPU構成を視野に入れる必要がありそうだ。


 実フレームレートベースのグラフは最高品質をグラフ2,標準品質をグラフ3にまとめたが,ここで注目したいのは,最高品質だとスコアにして8700台のGTX 1080 Tiでさえ平均フレームレートが60fpsに達せず,最小フレームレートも33fpsにまで落ち込んでいること。紅蓮のリベレーターを4K解像度の最高品質で快適にプレイするためのハードルはかなり高いということになるだろう。
 なお,4K解像度では,仮にグラフィックス品質プリセットを標準品質にまで下げても,GTX 1070以下では最小フレームレートが30fpsを下回った。



次は解像度2560×1440ドットで,ここでは16製品が対象となるが,総合スコアはグラフ4のとおりで,最高品質においてスコア7000を超えてくるのはGTX 1060 3GBもしくはRX 580以上と,ぐっと現実的になってくる。



 ただ,実フレームレートを見るグラフ5,6だと,GTX 1060 3GBおよびRX 580は平均フレームレートで50fpsを切り,最小フレームレートも30fpsを下回る。FFXIV蒼天のイシュガルド ベンチだとスコア7000で平均54~58fps程度だったので,やはりFFXIV紅蓮のリベレーター ベンチは“重く”なっていると言えそうだ。
 4GamerではRPG作品における合格ラインとして最小30fpsを1つの基準に据えているのだが,その基準で判断すると,最高品質における合格点超えはR9 Nano以上と,選択肢はぐっと少なくなった。ちなみにR9 Nanoの場合,最高品質での総合スコアは上で示したとおり8501である。





 グラフ6の標準品質だと合格ラインもぐっと下がる一方,最小フレームレートが60fps強あたりで頭打ちになっているのは少々気になるところである。



 用意した全製品でテストを行う1920×1080ドット,その総合スコアがグラフ7となる。
 最高品質でスコア7000を超えるのはGTX 960以上で,標準品質だと全製品が超えてきた。また,必須動作環境であるGTX 750が,最高品質だと上から3番めの指標となる「快適」の枠内,標準品質だとスコア1万弱を示している点にも注目しておきたい。



 グラフ8は最高品質における平均および最小フレームレートを見たもので,スコア7000を超えたGTX 960の平均フレームレートはやはり50fps未満。最小フレームレートにいたっては24fpsだ。最小フレームレート30fpsを超えた最も低いスコアのGPUはRX 470で,その最小フレームレートは35fps,総合スコアは9615だった。



標準品質における平均,最小フレームレートを見るグラフ9だと,最小フレームレートで30fpsを超えるのはGTX 950以上。GTX 970以上では最小フレームレートがやはり60fps台前半で頭打ちになっているが,この理由については後ほど考察したい。



 ハイクラスGPUがテスト対象から外れる1600×900ドット条件のスコアがグラフ10だ。最高品質でスコア7000を超えるのはGTX 950以上のGPUだ。これくらいまで解像度を下げると,最高品質であっても,GPUの要求レベルはかなり低くなってくると述べていいだろう。



 最高品質における実フレームレートを見るグラフ11だと,スコア7000超えだったGTX 950は最小フレームレートがわずかながらも30fpsに届かず。ぴったり30fpsとなったGTX 1050のスコアは8487だった。



標準品質の実フレームレート一覧がグラフ12で,ここだとRX 550を除く全製品が最小30fps超えを果たした。なお,最小フレームレートが62~63fps程度で頭打ちとなる現象は,ここでも確認できている。



最後はエントリークラスのGPUのみが対象となる解像度1280×720ドットだが,さすがにここまで解像度を下げると,最高品質であってもスコア7000割れのGPUは出てこない(グラフ13)。



 実フレームレート取得結果がグラフ14,15で,最高品質のスコアが8056だったGTX 750 Ti以下のGPUは,平均フレームレートで60fps,最小フレームレートで30fpsのラインに届かず。最小フレームレートが32fpsとなるRX 460はスコア9400超を記録している。
 標準品質で最小フレームレートが頭打ちになる現象は,ここでも見ることができた。



FFXIV紅蓮のリベレーター ベンチの実行にあたっては同時に,ログの取得が可能なワットチェッカー「Watts up? PRO」からシステム全体の消費電力も測定しておいたので,結果を並べてみたい。今回はテスト実行時に記録されたログから最も高い電力値をスコアとして採用している。
 結果はグラフ16のとおりで,ハイクラスのGPUでは300Wを大きく超えてきている。全体としては,GTX 1080 Tiを除くPascal世代のGPUにおける消費電力の低さが目を惹く結果となった。




  RMT-GRMT運営チム
     
                                                                                                                
                                                                                                                                                                                                                                                                                                  
                                                                                                                                                                                                                                                                                               
他の人気ゲーム





RMT | TOS RMT アイテム | TOS RMT | RMT ツリーオブセイヴァー | リネージュ2 RMT | アラド戦記 RMT
会社概要 | 利用規約 | プライバシステトメント | 特定商取引法に基づく表示 | sitemap | RSS   Run in0.0051s,Mem:1.89 mb